父がオートバイコミックエッセイ描いてるだけ

オートバイのある日常、コミックエッセイ「ちょっとバイクで行ってきます」をゆったり投稿。

こんにちは、静岡県在住、おじさんライダーの(モカジロー改め) くるくるです。 趣味のオートバイを通して感じたことをコミックエッセイに描いています。 週一話のペースで投稿しています。共感してもらえたら、また見に来て下さい。

第105話:富士山をぐるっと時計回り

f:id:mokatrip:20200705140704j:plain

f:id:mokatrip:20200705140730j:plain

f:id:mokatrip:20200705140758j:plain富士山周辺には富士五湖以外にも、まかい牧場、忍野八海浅間神社、風穴、富士急ハイランドなど、見どころ遊びどころが満載です。ソロツーリングでそういうところには寄りませんけど。

美味しいところでは、ほうとうや吉田うどんが有名です。牧場の新鮮ソフトクリームも外せませんね。はい、何も食していません。

ただ富士山を右回りに走っただけです。とくにご利益とかなかったと思います。

次回はリンコが登場するショートストーリーを投稿します。

またお会いしましょう。

ショートストーリー#22:ツーリングの七つ道具

f:id:mokatrip:20200627200902j:plain

f:id:mokatrip:20200627200926j:plain

アウトドア趣味を始めたとき、先ず買いたくなるのがスイスアーミーナイフ(十徳ナイフ)ではないでしょうか?僕も昔から持っていますが、不思議なことにこれまで一度も使った記憶がないんですよね。もしかして一番無駄な道具?

でも先日ユーチューブで無人島で何も持たずに生活する冒険家の動画を見たんです。そんなときスイスアーミーナイフが一つあればいいなと思いました。「そんなとき」は多分一生来ないでしょうけど。

f:id:mokatrip:20200627201259j:plain

今日は暑くて絵を描きながらずっと扇風機を動かしていました。

また次回(たぶん来週)お会いしましょう。

第104話:ソロツーリング・キャンプ(後編)

f:id:mokatrip:20200621205008j:plain

f:id:mokatrip:20200621205035j:plain

4回に渡って投稿したソロツーリング・キャンプの記事は今回で最後です。

ブームに便乗してやってみたソロキャンプですが、楽しかった。これからいろいろなシーズンで楽しんでいきたい。

持っていったけど結局使わない道具がけっこうありました。昔買ったファミリーキャンプ用品はかさばりました。これからツーリング向きのコンパクトなパッキングを考えていきたいですね。

それでは、また次回お会いしましょう。

 

おまけ(日蝕はみれなかったけど)

f:id:mokatrip:20200621210258j:plain

 

ショートストーリー#21:サービスエリアにて

f:id:mokatrip:20200613231444j:plain

f:id:mokatrip:20200613231509j:plain

バイク女子を主人公にしたショートストーリーコミックを最初に投稿したのが去年の6月でした。1周年記念に第1作の続きを描いてみました。

1年かけて21作品。はたしていつまで続けられるでしょう?

 

mokatrip.hatenablog.com

 梅雨入りしました。

しばらくツーリングはお休みして、メンテナンス、カスタム、キャンプ道具の補充などを楽しみます。

また次回、お会いしましょう。

 

第103話:ソロツーリングキャンプに出発(だるま山高原キャンプ場)

f:id:mokatrip:20200531185255j:plain

f:id:mokatrip:20200531185323j:plain

f:id:mokatrip:20200531185344j:plain

だるま山高原キャンプ場は修善寺から西伊豆の戸田へ向かう峠の途中にあります。

標高800mあるので、この日は夏日だったのですが、日が暮れると肌寒く感じました。

キャンプサイトから少し上がった先に道の駅・だるま山高原レストハウスがあり駿河湾が一望できます。

今回はお金をかけないで、うちにあるものでキャンプをする計画だったのですが、結局いろいろ買い物をしてしまいました。新しいアウトドア用品への物欲も目覚めてしまいました。ツーリングキャンプは秋になったら再開します。それまでいろいろと道具を準備したい。

次回は(久しぶりに)リンコが登場するショートストーリーを投稿します。

またお会いしましょう。

第102話:不要不急の外出ツーリング

f:id:mokatrip:20200523153257j:plain

f:id:mokatrip:20200523154619j:plain


連休が明けて忙しくなってきました。さいわい僕の仕事はそれほどコロナ禍の影響を受けていませんが、オンライン会議にはそれなりに慣れました。

昨日郵便受けに一律支給10万円の申込用紙が入ってました。速攻で記入して投函しました。

また次回お会いしましょう。

f:id:mokatrip:20200523153353j:plain

 

ショートストーリーコミックのネタ話し その4

ショートストーリー#16話から#20話まで新作5作品を投稿できた区切りとして、振り返ってネタにちなんだ雑文を投稿します。

 

#16 婦警さつきの二輪安全講話

 

f:id:mokatrip:20200506091950j:plain

 

 リンコの高校生時代からの友人で白バイ警官のさつきが再々登場です。二人の不自然な会話から始まるシーン、実は交通安全イベントの屋外会場だったという設定。

上のイベント車両と観客のシーンはグーグル検索した写真を見て描いたのですが、とても面倒でした。

さつきの二輪講座シリーズは他のテーマでも描いてみたいです(^^♪。

 

#17 オートバイがあるから大丈夫

 

f:id:mokatrip:20200506093758j:plain

 

分かり難かったかも知れませんが、バイク乗りの老婦人は未来のリンコの設定です。顔と背丈を似せて描いたつもりでした。彼女の人生は順風満帆とはいかないようです。

僕自身と僕の周りの人を見た感じでは、人は歳をとるほど幸せ度数が低下していくようです。ある程度の年齢になると未来に希望を持つことが難しい。歳をとってもいつまでも幸せでいたいのは誰もが願うことですが、難しいですね。

 

#18 もう一度クラブマンに乗って

 

f:id:mokatrip:20200506095055j:plain

リンコがバイクショップを取材する話しを考えていて出来たストーリー。

ホンダGB250というどちらかというと平凡な中古バイクにしたほうがオーナーのバイクへの愛情が伝わると考えました。

僕は特にホンダのクラブマンに思い入れはありませんが、名前の響きがいいんですよね。自動車のほうのミニ・クラブマンだったら欲しいなあ。(手が届かないけど)

 

#19 よみがえるシューペリア

 

f:id:mokatrip:20200506100109j:plain

ラストの再生されたオートバイを道で待ち受けるシーンが描きたくてストーリーを作りました。海外のユーチューブ動画でそういうシーンを見て印象に残ったからです。

古いバイク ⇒ ブラフ・シューペリア ⇒ T・E・ロレンスと関連する過程で調べものをするのは楽しい作業でした。物語を作ると雑学が増えますね。

国之は今後もリンコの彼氏候補として登場させたい。

 

#20 ライフワーク、最後の旅路

 

f:id:mokatrip:20200506100824j:plain

男がつぶやいたセリフは手塚治虫の「ブッダ」のラスト付近のセリフです。「ブッダ」は僕にとって特別な漫画です。いつか通しで再読しようと思って、学生時代に買った全巻は今も屋根裏部屋にあります。

僕も以前は画材を担いで写生に出掛けました。景色が良くてトイレがある場所を探すとおのずと公園や観光地で描くことになります。人に見られるのは慣れてましたが、話しかけられるのは困りました。散歩中のお年寄りやわざわざ子供を引っ張ってくるお母さんもいました。「上手ですね」と言われても、自分が素人レベルなことを解っているから嬉しくないし放っておいて欲しかった。とんだひねくれ者です。

こうして振り返ってみると、真面目なストーリーが続きました。作者の気分が反映されているのでしょうか。

コメントやブックマーク、スターをくれる人には感謝しています。

ブログを続けているモチベーションは作品を描き上げたときの達成感ですが、そうは言ってもやっぱり人に読んでもらいたい。今日の記事が過去の作品を読んでもらえるきっかけになれば嬉しいのですが。

新型コロナ災難は状況がどうなるのか未だ予測できませんが、少しづつ希望も見えてきました。みなさん感染対策に万全を尽くしましょう。

また次回お会いしましょう。

第101話:ソロツーリングキャンプに行きたい(キャンプ道具編)

f:id:mokatrip:20200504172646j:plain

f:id:mokatrip:20200504172710j:plain

f:id:mokatrip:20200504172738j:plain

 

いっそ庭キャンとかやってみたいけど「お隣のダンナさん、家に上げてもらえないみたいよ」とか言われそう。

ツーリングにキャンプが加わると一気に積載品が増えます。格安ホテルに泊まったほうがどれほど楽か。でも不便で面倒なことを楽しむのがアウトドアです。ここにきて中止の選択はありません。

キャンプブームとあって、関連ブログやメーカーHPはたくさんあります。僕の漫画ではほぼ役に立たないので、これからキャンプを計画する人はちゃんとしたブログも読んでください。

趣味の世界ですから道具はさまざま、ピンからキリまであります。一流品を揃えたアウトドア専門店は見ているだけでもテンション上がりますね。(買わないけど)

緊急事態宣言が今月いっぱいまで延長になりました。楽しみは6月までとっておきます。

また次回、お会いしましょう。

ショートストーリー#20:ライフワーク、最後の旅路

f:id:mokatrip:20200426184950j:plain

1P

f:id:mokatrip:20200426185029j:plain

2P

f:id:mokatrip:20200426185057j:plain

3P

人気漫画「ブルーピリオド」や既に完結した「イエスタディを歌って」など、画学生や画家が登場する漫画はけっこうあります。そもそも作者が絵を描く人ですから、描きやすいということでしょうか。逆に内輪受けの話しにならないように気を付けなければならないテーマでもあります。

いつか視力が失われるくだりのセリフには注意しました。これって誰にでも当てはまるセリフなんです。

 

f:id:mokatrip:20200426185156j:plain

昨年6月に始めたショートストーリーコミックも20作目になりました。最初は描きたい物語があって始めたことですが、最近は毎回ネタを絞り出すような有様です。読者の人で読んでみたいテーマのアイデアがあったら是非コメントをください。(もちろんバイク関連ですけど)

新型コロナ災難、まだまだ収まりそうもありませんが、いつか気兼ねなく旅行やツーリングができる日が来ることを願っています。

本日はアクセスしていただきありがとうございます。

また次回お会いしましょう。

第100話:ソロツーリグキャンプに行きたい(構想編)

f:id:mokatrip:20200418153747j:plain

1P

f:id:mokatrip:20200418153822j:plain

2P

f:id:mokatrip:20200418165218j:plain

3P

読者登録したブログ記事をチェックしていて、最近投稿が減っていることに気付きます。

新型コロナ被害を直接受けている場合を除いて、ブログを書く時間が無いわけではない。むしろ時間はある。ただし漠然とした不安の中でものを書く気になれないのではないかと感じます。僕はそんな心境でした。でも不安を通り抜けてから楽しいことはたくさんある。そういう気持ちを今回描きました。

 

f:id:mokatrip:20200418162735j:plain

今回はキャンプツーリングを思い立ったところまでです。これから道具の準備とかキャンプ場選びとかを楽しみながら進めていきます。続編「準備編」も投稿するのでまたアクセスしてください。

早く日常が戻ってくることを願います。

それではまた次回お会いしましょう。