父がオートバイコミックエッセイ描いてるだけ

オートバイのある日常、コミックエッセイ「ちょっとバイクで行ってきます」をゆったり投稿。

こんにちは、静岡県在住、おじさんライダーの(モカジロー改め) くるくるです。 趣味のオートバイを通して感じたことをコミックエッセイに描いています。 週一話のペースで投稿しています。共感してもらえたら、また見に来て下さい。

第70話:ツーリング事件簿、踏切内のおばあさんを救出せよ

f:id:mokatrip:20190210161127j:plain

1P

f:id:mokatrip:20190210161159j:plain

2P

3年くらい前に経験した事です。いつ電車が来るのかとホント焦りました。あんなに焦ったのは試験会場で便意を覚えたとき以来です。実際はけっこう時間の余裕があったし、転んだ位置からは線路は離れていたから本当に危険だったとはいえません。(だから余計なおせっかいだったのかも)

おばあさんは耳が遠いのか踏切の警告音が聞こえてないみたいだったし、自分がどこを歩いているか分からなかったみたいでした。起こしてあげると丁寧にお礼を言って歩いていきました。自動車の男性はすぐに去ったので顔も見ていません。

 

このエピソードは以前からコミックにしたかったけど、状況描写が難しい気がして保留してました。ボツネタ集2に載せようかと描き始めたところ、ちゃんと描きたくなって仕上げました。(やっぱり状況描写は上手く描けなかったけど・・・)

今日のアートギャラリー(その5 SL公園)

f:id:mokatrip:20190206215746j:plain

SL公園

僕は鉄道ファンではありませんが、蒸気機関車の機能的な造形に惹かれます。車両本体は圧力容器そのものですね。外側に信号伝送の圧気配管が這わせてあります。

動力も制御もすべて蒸気なんですね。

オートバイも昔のものは部品の形や位置に必然性があって、見ていて面白いんです。最近の頭で考えたデザインが先行しているようなのは面白味がない。

昔のスタイルを真似たネオクラシックっていうジャンルがでてきたけど、コックピットはオールデジタル表示だったりするんで、何だかなー。

 

この絵は近所にあったSL公園という場所に30号キャンバスを持ち込んで下絵を描きました。現場で描くのって、時間に余裕がないと出来ないけど楽しいです。

絵を描いているんだけど、頭は全然違うことを考えていたり、公園内の井戸端会議を聞いたりしてました。

第69話:バイク通勤と子育て事件簿

f:id:mokatrip:20190203104236j:plain

1P

f:id:mokatrip:20190203104302j:plain

2P

今となっては笑い話です。

奥さんは起きた長女を見ていて学校へ行ったと思い込み、カギをかけて家を出ていたのです。

長女はケガや病気をしない手のかからない子でしたが、こういうポカを時々やらかしました。

職場の門を出たところで担任から携帯にかかってきて、出勤する人の中でバイクに跨って電話していたので、不審に見ている人もいましたが、人目なんか気にしていられなかったです。

コミックエッセイ ボツネタ集(1)

コミックエッセイを描くようになってから、思い付いたネタは忘れないうちにスマホにメモしています。その中からブログに掲載できたものもあれば、いっこうに作品に出来ないネタもあります。

今回はそんな残念なネタをコミック化出来なかった言い訳と一緒に紹介しましょう。

f:id:mokatrip:20190126221324j:plain



いつものように2ページ(つまりネタ六つ)描こうとしたけど、さすがボツネタです。絵にすることも難しくて1ページになりました。

この他のボツネタの紹介はまたの機会で。

今日のアートギャラリー(その4)

初めて公募展(市展)に出品した作品です。

以前住んでいた家は、農家だった奥さんの実家の敷地内に建っていて、周囲は畑でした。

f:id:mokatrip:20190123205706j:plain

陽だまり

チャボのピヨ(♂)とピーコ(♀)は奥さんが子供動物園から譲ってもらったもので、鳥小屋は僕が日曜大工で作りました。

いつも一緒の仲の良いつがいでした。

休日の昼間は庭に放していることが多かったのですが、これが災いし、ある日ピーコは野良猫に襲われて亡くなりました。残されたピヨは大変寂しがりましたが、数年後に寿命で亡くなりました。

娘は動物の扱いが上手くて、庭にいるチャボを抱きかかえて小屋に戻すこともしていました。